ミツバチによる防御壁

プロポリスに含まれる成分は、なんと数百種類!

プロポリスは、自生している植物の樹液に含まれている抗菌成分を、ミツバチが自らの唾液を混ぜあわせることによってできる、粘着性をもった固形物質のことです。
プロポリスに含まれる成分は、現時点でわかっているだけで300種類以上あります。

主な成分の例としては、樹液、バルサム(55%)、ワックス(30%)、性物質(10%)、花粉(5%)、ミネラル(5%)に分けられます。
細かく分類すれば、「フラボノイド」という成分が代表格です。

フラボノイドは、様々な植物や果物から色素が約4000種類も発見されており、さらに、ポロポリスの中にはフラボノイドの成分だけでも20種類以上が含まれています。
この成分は、植物の生息する地域や天候などの環境によっても内容が異なっており、含有される成分の質も様々です。
上質なプロポリスには、http://www.bilingualmarketing.com/origin.htmlにもかいてあるように
フラボノイドが50種類以上も含まれていると言われます。

このフラボノイドが水酸化したものが、みなさんの知るポリフェノール、フラボノールのことなのです。
赤ワインに含まれているポリフェノールが健康にとても良いことが知れ渡り、以前ブームとなりましたね。
このポリフェノールは、植物に含まれる物質の総称をいい、その一つが、フラボノイド類になります。
それが赤ワインよりも一桁多い割合で、プロポリスの中にふんだんに含まれているのですから、フラボノイドの宝庫ですね。

フラボノイドには、抗菌・抗酸化だけでなく、抗ウィルス、コレステロール低下、血糖値の低下などの効能が確認されており、薬品にも使用されていますが、プロポリスは、天然の抗生物質と言われているだけあり、副作用もなく、評価の高い栄養補助飲料と言えます。
ほかの作用として近年注目されているのが、免疫活性効果、抗ガン、抗ストレス、抗酸化などの作用です。
まさに我々が加齢とともに求める、健康や美容にも必要な成分ばかりですね。
そんなプロポリスには品質によってグレードがあることを知っていますか?
詳しくはこちらにかいてあるのでご覧ください。
ミツバチが生活の中で見出した作用が、まさか人間の病気や体内の維持にまで対応するとは驚きです。

数百種類もある成分を加工して、現在様々な形で用いられているプロポリス。
ミツバチが自分らを守ろうと巣に応用したように、私たちも望んでいる若さや健康を守るために利用して免疫力を高め、病気に負けない身体を作りましょう。
プロポリスのサプリメントについても是非ご覧ください。

このページの先頭へ